SNCFのル・マン、テクニキャンパスがトレーニングと評価プログラムをデジタル化

    証言 Sparkup - 2019年4月1日

    読了時間 :1

    フランス国有鉄道(SNCF)は世界でも有数のインフラストラクチャーとロジスティクスのグループで、250億ユーロの売り上げと、120カ国において12万人ものコラボレーターを誇ります。

    icon-sp-document (1)コンテキスト

    ル・マン テクニキャンパスとは、SNCFの技術スタッフの教育に利用される13千平方メートルのキャンパスです。フランス全土の25千人のメンテナンス・エージェントに鉄道設備の最新技術に触れる機会を与えます。毎年35千もの研修日が開催されています。

    icon-spM-innovationチャレンジ

    SNCFは、学習認定評価から得る情報処理の改良と、新しい試験の可能性を求めていました。

    Sparkupソリューション

    Sparkupのデジタルソリューションは、アンケートや評価のデータ処理を自動化します。Sparkupプラットフォームは教育プログラムの質と効率性を効率よくパイロットし、キャンパスにタブレットを早急に設備したいSNCFのニーズに応えます。

     

    icon-sp-challenge結果

    100%デジタル化
    今ではSNCFの教育プログラム全体がSparkupによってカバーされています。

    行われた評価の数21千件
    Sparkupのおかげで、カスタマイズされた評価によるメンテナンスエージェントの認定が可能になりました。

    40人のトレーナー 
    Sparkupプラットフォームのトレーニングを受けています。

    Spakupは参加者の出す結果と満足度のレポートの作成力に長けています。Spakupとの次のステップは、研修アクティビティによるトレーニングの可能性を広げることです。」

    エンジニア部門マネージャー、Jérôme Vincent

    Share